MENU TEL

youtsu

youtsu2

youtsu3

youtsu5

腰痛

原因となる骨格へアプローチをする世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院の腰痛治療

「腰」という漢字は、「身体の要」と書くように、人間の身体の中でも非常に重要な役割を持っている部位です。どのような動作をするにしても腰痛があれば支障が出てきてしまうものです。軽い腰痛であっても、世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院にてきちんと治療を受けて改善させておくことが非常に重要なのです。

現代の国民病のひとつ!!

腰痛は一生のうちには国民の80は腰痛になるといわれるほど現代の一般的な病気といわれています。腰痛は高齢者だけではなく、10代など若い世代でも腰痛があることが示されています。その原因は車社会や日常生活などから運動不足や肥満の人が増えていることが要因として考えられます。

自然に良くなることはほとんど無いと言っていいでしょう

軽い腰痛だから、放っておいても時間の経過と共に自然に良くなるだろうと思われている方も多いのではないでしょうか。しかし実際には、腰痛というのは自然治癒することはほとんどなく、逆に時間の経過と共に徐々に悪化してしまうものなのです。痛みが強くなってしまったり、慢性化してしまったり、ヘルニアやすべり症などの疾患、ぎっくり腰につながることも御座います。早い段階から世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院にて治療を受けていただくことが大切です。

筋肉だけではなく骨格にもアプローチをいたします

筋肉がしっかりと働いてくれないと骨格自体もゆがんでしまいます。そのため、身体の歪みが気になる方は当院にお越しください!!筋肉に対してしっかりと治療を加えることで筋肉が骨をもとの位置へと戻してくれるため全体の歪みというのは改善されます!!!ぜひお待ちしております!

放っておくと….

腰の重さや痛みが慢性的になるとそれが普通であると感じてしまいます。しかし、正常な状態から考えると異常な部類です。そのままにして放っておくと段々と悪い所が広がって行ってしまいます。腰が痛い為に足などに影響が出てしまって最終的には歩くことが困難になってしまうまで悪くなってしまう可能性がございます。そうなる前にしっかりと治療していきましょう!

メンテナンスとしても

腰に痛みがなくとも人間が生活していく上で負担がかかっていない事はありません。今が大丈夫でものちに影響が出てしまう可能性があります。そうなる前に身体のメンテナンスも必要です!!

寒い時はご用心

寒い日は筋肉の状態が悪くなってしまいます。硬くなってしまう為非常に刺激の弱くなりやすいのです。慢性的な腰痛をお持ちの方は長年蓄積された傷が下地の様なものになっていて、そこに急性の傷ができやすくなります。ぎっくり腰や寝違えの症状が出やすくなっております。一番はお身体を冷やさない事ですね。ホッカイロを腰に貼るのだけでもケアとしては充分だと思います。

普段からストレッチを

腰のケアとしてストレッチを行って頂きたいです。腰は前に倒していく前屈をして頂くだけでも身体の状態は良くなってくれます。是非試してみてくださいね。その時間も惜しいという方は当院にお越しください!!

寒い日には温める

段々寒くなってきます。寒い日は痛みが出てしまっている部分を冷やさず温めましょう!!それこそ、腰痛の方ならば、貼るホッカイロを腰に当てていくと少し痛みも和らいでくれますよ!!

姿勢にも影響が出てきます。

長年腰痛で悩まされると、その腰の痛みから逃れようと段々と前に腰が曲がってしまうのです。そのため姿勢の改善する為にも腰の状態を良くしていく事が必要になってきます!!腰痛で悩まされている方は是非当院にお越しください!!

ダル重さだけでも

だるさや重さがあったとしても、それは腰にとっては普通の事ではありません!!そのような状態は悪いと言ってもいいでしょう。確かに痛みが無いから放置してしまいがちですが、そのままにしてしまうと後にひどい痛みへと変わってしまう可能性があります。痛みに変わってからだと辛い思いをしてしまうのと含め遅すぎるのでだるい重いの時だけから治療をしていきましょう!!!

日本人の4人に1人は腰痛

ほとんどの人が腰痛の症状をお持ちだとデータがあります。軽いだるさでも、積もり積もると大きな症状へ発展してしまうかも。

身体は、痛みや辛さがあると様々な場所でカバーします。そうすると身体の歪みになったりと後々ほかの症状としてもあらわれます。

無理をせず、早めにケアしましょう!ぎっくり腰になったら大変です。

腰痛持ちは将来不安かも

腰痛を抱えている人は注意が必要です。

ロコモティブシンドロームのリスクが高いと言われています。将来長く、楽しく過ごしたい方!寝たきりや介護を必要としたくない方!今からメンテナンスをし、しっかり筋肉量も維持していかないと楽しい将来が迎えられなくなるかもしれません。今や国民病とされているロコモティブシンドロームにならないためにも、腰痛はしっかり治療しましょう!

腰痛に注意!

先天的に骨異常がある人、骨の形や並びに問題ある人(反ってたり)、椎間板ヘルニアや筋肉のバランスの悪い人、筋肉が少なく脂肪が多い

座りっぱなしの仕事や立ちっぱなしなど、同じ姿勢を長くとってる方、腰に負担をかかることをしている方などなりやすい環境にある方は気をつけましょう。

30代から筋肉も衰えてきます。それに伴い腰痛も出やすくなります。こまめにメンテナンスをおすすめします。

現代病「腰痛」

国民の4人に1人は「腰痛」といわれるくらい、国民病ともいえるほど腰痛の人は多いです。生活習慣のなかで負担をかけているので、なるべく負担を減らしたいものですが、そうもいかない方が多いのが現実。なので、積極的にストレッチをしたり、お風呂にしっかりつかって血行を良くしたりと心がけましょう。そして悪くする前に、ケアをするのが大事です。ため込むのはよくないですよ。

腰痛を我慢すると

たかが腰痛、されど腰痛です。ちょっと腰が・・・などと言いながら何もケアしないでいると、ぎっくり腰など大きく辛いことになるかもしれません。筋肉は30代から衰えています。20代以下のときは瑞々しく柔軟性もありましたし、回復力も。しかし加齢とともにそうはいきません。そして、一部の痛みをほおっておくと、身体は自己防衛で痛みが出ないように他の筋肉が硬くなり段々気づかないうちに姿勢の乱れなどが起こり、他の所まで影響をおよぼしてきます。これからの時代は予防です。しっかりケアしていきましょう!

腰痛対策

腰痛にかぎらないですが、基本筋肉が原因です。抗重力筋という立つために重力に逆らい働いている筋肉があります。

大きく分けると、前側:腹筋、腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)、大腿四頭筋、

後側:首の後ろ、脊柱起立筋、大殿筋、下腿三頭筋などがそれにあたります。このような筋肉をストレッチをし、血行をよくすることを心がけること、お湯につかって温めるなど大事です。

後は寝具です。枕や布団、身体に遭ってないと寝ていても疲れます。寝ている時間は非常に大事なので、こだわって身体にあうものを選びましょう!

そしてインナーマッスルセラピー!身体の中にできてる原因をしっかり取り除き、健康な体を維持しましょう!

腰痛

腰痛の原因に内臓疾患があります。内臓が病気などにより肥大し周りを圧迫し腰痛となる事もあります。胃や十二指腸、胆のうや子宮などの臓器の不調に寄るものなど挙げられています。この季節、胃腸など疲れやすい季節です。あまり無理をせず、身体を労わってあげましょう!

当然、内臓を支え守っているのが筋肉!内臓がダメージを受けている事で筋肉も硬くなります。よって、深層にある筋肉にもしっかりケアしてあげる事でケアもしていけます。インナーマッスルセラピーはしっかり深層筋にアプローチしていき、血流も促し自己治癒力を高めます。症状が出る前にケアをし、元気に暑い夏を乗り越えましょう!

腰痛も放置していると将来・・・

腰痛持ちという人はおおいと思いますが、しっかりケアをしておかないと大変なことになる事も。ぎっくり腰もさることながら、「ロコモティブシンドローム」になる確率もたかくなります。若い時は何とかなっていても、だんだんと加齢とともにそうも言ってられなくなり、要介護となってしまったりするリスクが高まります。そうならない為にも、腰痛を直し、筋肉を鍛えましょう!

まずは、軽いストレッチからやり、血行を良くし、原因である筋肉を治療しましょう!

腰痛

腰痛を軽視していると、ギックリ腰や、ロコモ予備軍になる可能性も。日本人の多くは腰に何らかの不安を抱えています。ちょっとつらいだけ、なんて軽く見ていると身体はその場所をかばおうとし姿勢が乱れます。そうすることで別の場所が痛くなったり、バランスの乱れによって、関節可動域が狭くなったり、筋力が落ちたりなど様々なマイナス要因が生まれたりします。しっかりメンテナンスをして、将来も元気に出歩ける体を維持しましょう!

血流が大事

腰痛の原因にはさまざまありますが、腰回りの筋肉の血行が悪くなっていることも多いです。仕事で座りっぱなしなどの、筋肉をあまり動かさないでいるなど、運動不足であったり、筋肉に傷が付き治りきらずまた傷をつくっているなど、日々の生活で負担をかけていることが多いです。セルフケアとしては、温めることや、軽く動かすなどの運動が大事になります。

そして筋肉のプロにお任せください。しっかり原因を治療していきます。

腰痛

ある種、国民病とも言われる腰痛。多少の違和感くらいならと無理をしていませんか?腰は身体の要。ひどくなると歩けなくなったりします。ちょっとした疲れから、そのうち大きなトラブルへと変化してしまうかもしれません。治療をするだけでなく、普段の生活を見直し、できるだけ健康な身体を維持できるように心がけましょう!

腰痛

腰痛は甘く見ていると、将来歩けなくなったりすることもありえます。軽いうちなら治療も早くすみます。基本的に、悪くなるにかかった月日の1/3の期間が治療にかかると言われています。そのほか、ぎっくり腰やロコモティブシンドロームのリスクも高まります。何事も早め早めがよろしいかと思います。気になる事がありましたら、いつでもご相談下さい。

腰痛

国民病とも言われる腰痛。今や4人に1人は腰に何らかの症状を抱えているといわれます。しかし、腰は歩いたり生活したりとても大事なところになります。身体を支える中心ともなるところで、その分負担も多いです。しっかりケアをし、極力負担をかけないように生活を、そして姿勢を見直しましょう!立ち仕事が多い方は靴を見直すのも必要かも。足にあったサイズで、足のアーチを崩さないようにすることも大事です。アーチをフォローするインナーソールもあるので、そういったものを使いながら、少しでも負担を軽減しましょう!

腰痛にも筋肉治療

腰痛の原因には、様々あります。病気が原因なものもあれば、骨が原因なものもあります。しかしほとんどが原因が明らかでないものが多く、結果筋肉の負担を軽減することで症状が改善されたりするものも多く、現代の生活習慣により蓄積された負担が影響はしてます。筋肉は動くことで、維持してますが、同じ姿勢などで動かさずにいると硬くなり、血流も悪くなります。固くなった筋肉をしっかりケアし、血流も促進してあげることで改善していきます。よって冷えも良くありません。極力温めてストレッチなども行い、なるべく筋肉への負担をへらしましょう。そしてIMT。

深層筋にできているシコリ(筋硬結)にアプローチしていきます。

常に腰には負担が・・・

自覚症状がない方は、まったく腰に問題がないかというと、そうでもないです。人は立つ事で、重力に逆らい姿勢を維持しなければなりません。姿勢をただし立ち続けるためには、抗重力筋である脊柱起立筋などの筋肉が緊張していなくてはなりません。確かに損傷するまでの事はないでしょうが、閾値と言って痛みなどを感じるラインが高く、不快感も感じていないといった方が多いです。日頃からメンテナンスをしっかりやって症状を出さないようにしてあげましょう!

腰痛

腰が痛いのは当たり前、なんて言ってそのままにしていませんが?腰痛といっても、腰の疲れだけではなく、内臓疾患から来るものや、ヘルニアなど様々あります。ぎっくり腰のリスクら、ロコモティブシンドロームのリスクの1つにもなります。症状が弱いうちに治療した方が、治りも早いですし、他の症状を引き起こすリスクも減ります。腰は身体の要になります。しっかりケアをし、健康な体を維持しましょう!

腰痛

腰痛の原因は「ストレス」から起こる、身体のこわばりがほとんどです。しかし、これを放置していると、腰は身体の要にもなります。立ったり歩いたりなどが静楽なり、将来的に寝たきりの原因にもなりかねません。症状がひどくなれば、負傷範囲も広がり、治癒にも時間がかかります。何事も放置せず、早めの治療をおススメいたします。

腰痛予防

疲労を溜めないことですが、なかなかそうはいっても日々の生活をがらって変えることは難しいことです。座り仕事や立ち仕事がおおい方、こまめに腰回りのストレッチなどするなど、腰回りの筋肉を動かしてあげましょう。血行を良くすることが大事です。ぬるめのお風呂にゆっくりつかるなど、温めることは大事です。さらにゆっくりつかることで、副交感神経の働きを優位にします。ストレスも原因の一つです。しっかりケアをして、健康な身体を維持しましょう!

腰痛

日本人の多くの人が抱えている悩み。生活習慣が大きくかかわっています。しかし、仕事を辞めるわけにはいきません。しかし負担はかけ続けています。腰痛がぎっくり腰やロコモティブシンドロームのリスクを高めることにはなります。より大きな障害とならないように日頃からケアが大切です。

腰痛対策

生活習慣など大きく影響しますが、筋肉の衰えも影響します。腹筋が弱っていたりなど、腰回りの筋肉のバランスが崩れたりすることで、そり腰になったりなどで症状を出すこともあります。他に腸腰筋が弱ってくることも影響します。腸腰筋は、大股で早歩きをすることでも少し鍛えられます。筋肉の衰え、なかなか気づきにくいですが、意識して鍛えることで予防や将来、元気に過ごせる一つになります。

腰痛に注意!

国民の4人に1人が腰痛と言われています。しかも、自覚症状では男性が1位、女性では、肩こりについで2位を占めています。それだけ身近な症状で、いわば国民病といっても過言ではないのではないでしょうか。しかし、これだけ多くのひとが抱えているにも関わらず、そのままでいる方も多くらっしゃいます。腰痛をそのままにしていると、ぎっくり腰やロコモティブシンドロームになるリスクを高めてしまいます。腰は身体を意味する月に要とも書き、需要なものと昔から考えられています。腰を痛めてしまうと動けなくなり、そうすると足の筋力も一気に衰えます。そうすると、要介護や寝たきりなどななりかねません。もしそうなってしまったら様々な障害が更に加わってしまうかもしれません。そうならないためにもしっかり治療することが大事になります。

腰痛を起こす原因も様々ですが、生活習慣が多く関係しています。座りっぱなし、立ちっぱなし、悪い姿勢などで腰に負担をかけたりし筋肉を披露させたりダメージを与えたりしています。定期的にストレッチをしたり、冷えも良くないので、温めたりなど心がけることは大事です。特に姿勢を保持する脊柱起立筋など、重力に対抗して姿勢を保持するために働き緊張したりします。しかし、腰回りはそれだけの筋肉で支えているのではなく、結果、全体のバランスが崩れることで痛みも出すと考えられます。セルフケアは大事ですが、辛さを覚えたら、ぜひ一度プロに見せてください。しっかりケアし健康な身体を維持しましょう!

日本人の多くの人が抱える腰痛

日本人の約8割のひとが抱えるといわれる腰痛。人は二足歩行をするようになってから、自分の身体を重力に逆らって支え、姿勢を保持しなくてはいけません。

抗重力筋と言って、背中側だと「脊柱起立筋」「大殿筋」「ハムストリングス」「下腿三頭筋」、お腹側たど「胸鎖乳突筋」「腹筋群」「腸腰筋」「大腿四頭筋」「前脛骨筋」が常に緊張をし、脳からのコントロールによって調整されています。そのような筋肉に、生活習慣でのストレスなどが加わり不快感や痛みを覚えたりします。座りっぱなし、立ちっぱなしや、変な姿勢での作業などによって、筋肉に負荷をかけ、傷を作ります。

筋肉などは、傷がつくと炎症を起こします。炎症と聞くと良くないイメージですが、実は身体が持つ自己治癒力で、炎症が起こることで悪いところの修復作業が始まり、炎症が治まると治癒という形になります。しかし、炎症反応が起きると、発痛物質と言われる「プロスタグランジン」「カリウムイオン」などが出て痛みや不快な症状を出します。このことで、傷のある筋肉を無駄に動かさないように、硬くしたり、血管反応や免疫反応をお越し、血液を集め身体を治していきます。

ただ、これが短発に起こり、治癒していけば問題はないのですが、常に負担をかけ続けたりすることで、その修復工程が途中で止まってしまったりし傷が治らず「シコリ」として残ってしまいます。そうすると、病的状態となり治療が必要になります。しっかり治療することで腰痛からおさらばしましょう!

腰痛

日本人の約8割の人が抱える症状。男性では自覚症状第1位、女性では、肩こりに次いで第2位を占めています。症状をだしていく原因の一つに、筋力の低下、特にインナーマッスルが衰えてきていることも挙げられます。特に腹筋周り。腰のコルセットの様に覆っている腹横筋というインナーマッスルは文字道理、腰を支えるのにだいじな働きをしています。そして腹直筋、腹斜筋といったアウターマッスルンも動作にとても大事になります。こうした筋肉の筋力が落ちることで正しい動きや、姿勢を維持できず、他でカバーしたりなどをし、痛める原因を作ったりもします。

腰痛があることで、ギックリ腰やロコモティブシンドロームのリスクも高めます。重い症状になる前にしっかり治療をし、そして筋力が低下している方は、筋力を高めていきましょう。筋肉はちょこっとやっただけでは付きません。しっかり続けることが大事です。当院では、寝ながらトレーニングができるEMS装置も導入しています。今、体験会も実施していますので、気になる方は是非ご相談ください。将来、楽しく過ごすために筋肉をしっかり治療し、筋力アップをし、健康を保ちましょう!悩む前に、ご相談ください。お待ちしています。

多くの人が抱える腰痛

自覚症状がない方は、全く腰に問題がないかというとそうでもないことが多いです。人は立つ事で重力に逆らい、姿勢を維持しなければなりません。姿勢を維持し続けるために、抗重力筋と言われる筋肉、例えば脊柱起立筋などの筋肉が緊張していなくてはなりません。確かに大きく損傷するまでのことはないでしょうが、閾値と言って、痛みなどを感じるボーダーラインが高く、不快感なども感じていないといたt方が多いです。または、その症状に慣れ過ぎて、正常な状態っを忘れているといった方もいらっしゃいます。

しかし、そういった筋肉が硬くなっていたりなどを放置していることで、ケガをしやすかったり、症状症状がでてはいるけど、そのままでいるなどしていると、特にこの季節の変わり目などでは、ギックリ腰になりやすかったり、腰が悪い状態を長く続けていることで、将来ロコモティブシンドロームになるリスクを高めています。これは、腰痛により、身体を動かすのがおっくうになったり、ひどい場合は動けなくなり、筋力が落ち結果、要介護ということに繋がります。実際にロコモの方の多くは腰痛持ちというデータあります。

腰痛の原因に内臓疾患もあったりします。ご自身のお身体を健康に保つために気になったら治療をうけ、楽しい人生を送りましょう!

腰痛

日本人にとって身近な自覚症状の腰痛。男性では第1位、女性では肩こりに次いで第2位と多くの人の悩みとなっています。しかし、これだけ多くのひとが抱えているにも関わらず、そのままでいる方も多くらっしゃいます。腰痛をそのままにしていると、ぎっくり腰やロコモティブシンドロームになるリスクを高めてしまいます。

ギックリ腰などは、季節の変わり目などに起こりやすく、ベースに慢性的に筋肉が硬くなっていることで、おこりやすくもなります。ロコモのリスクとしては、腰痛により運動量が減ったりなど、筋力が低下していく流れを作ってしまいます。

腹筋周りの筋力の低下や、大腰筋など、腰に関わる筋肉の張りによって腰痛を引き起こしていたりします。生活習慣で、座りっぱなしや立ちっぱなしとか、変な姿勢でのお仕事や癖などによって負担をかけてしまいます。極力そういった要因を取り除くことが大事になりますが、難しい方は定期的にストレッチをしたりなど、腰を動かしたり、血行を良くするために温めたりすることをおススメいたします。

しかし、なかなか自分では深層の筋肉にアプローチはできません。インナーマッスルセラピーは、その深層の筋肉にアプローチしていきます。

辛い症状をそのままにせず、ご相談ください!

腰痛のリスク

日本人の多くの人が抱える悩みの腰痛。データとしては、8割近くの人が悩んでいて、男性では1番、女性では肩こりに次いで2番目の自覚症状となります。

その腰痛、治療せずに放置知ることでのリスクとして、まずは内科的疾患によりおこる物もあります。こちらは違和感を感じたら病院に行って診断してもらう必用があります。その他のところとしては、季節の変わり目に起こりやすい「ギックリ腰」、そして将来を不安にさせる「ロコモティブシンドローム」などがあります。大きな問題になる前にしっかりケアをし予防することが大事になります。ぎっくり腰は、急性腰痛症といい、急激に腰に負担をかけた時に起こりやすいのですが、重いものを持ったとかでなくても、ちょっとした動きでもおこります。一つに、慢性的に溜めている筋肉の疲労などにより柔軟性がなく、ふとした動きでその筋肉に傷をつけたり、腰痛があると身体は自己防衛的にかばい、正しい姿勢や筋肉の使い方でなくなっていたりなどして府負担をかけたりもします。

ロコモは、筋力低下に伴って要介護ななってしまったりなどの流れですが、腰痛により、動くことが減ったりなどで筋力が落ち歩かなくなっていった結果、出かけられなくなったり、転倒などひきおこしてしまったりなどに繋がります。実際に、ロコモと診断されている方には、腰痛持ちが多いです。

自分の身体は自分で守る!ちょっとしたトラブルは、ちょっとしてる時に解決してあげることが大切です。

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083東京都世田谷区奥沢7-20-18 エレガンス山甲1F
駐車場なし
電話番号03-5706-3835
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約制)
休診日木曜午後