MENU TEL

四十肩・五十肩

素早く症状を鎮めることが出来る世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院の四十肩、五十肩治療

四十代、五十代の方に起こる肩の痛みを、四十肩、五十肩と呼びます。年齢によって、四十肩、五十肩といったように名称が異なりますが、症状や原因については両方とも同じものです。かなり強い痛みが出てきたり、肩がロックされたようになり腕を動かすのがつらくなってしまう運動制限が出てくることも御座いますので、世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院にて改善させていきましょう。

即効性のある治療です

世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院の四十肩、五十肩治療は、即効性があるというのが大きな特徴になります。四十肩、五十肩は治療を受けなかったとしても徐々に症状が治まってくるのですが、ひどい場合には一年以上つらい症状を抱え続けてしまうこともあるのです。当院にて治療を受けていただきますと、数回の施術で痛みのない生活を取り戻していただくことも可能になります。

肩こりとは治療内容も異なります

四十肩、五十肩は、ひどい肩こりの症状と似ているため混同されることも多いのですが、原因が異なるため必要な治療内容にも違いが御座います。肩こりだと思ってマッサージをしてしまうと炎症を広げて悪化させてしまうことも御座いますので、世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院の専門家による治療をオススメいたします。

肩こりとは治療内容も異なります

一般的に肩関節周囲炎と呼ばれている症状が、四十肩や五十肩です。炎症という言葉ありますが、これも筋肉の悪さが炎症を起こすんです。適切な治療をすることで、早期回復ができます。また、肩の辛さの種類の違いでその悪くなっている筋肉が変わってきます。
その筋肉に対してその筋肉に合った触り方をして、その人に合った刺激の入れ方をしていきます。いわばオーダーメイドの治療を提供することが出来るのです。

四十肩、五十肩はそのままにしておくと痛みがなくなるまでかなりの年月がかかります

四十肩、五十肩の痛みというのは三段階に分かれていて、最初は急性期、痛みが出る時期が約6週間~9か月次に停滞期、痛みが出ないが肩が上がらないという時期、これが約4か月~6か月そして最後に回復期、痛みがなくなってくる時期これが6か月~2年といわれています。

インナーマッスルセラピーではその長い各期間を半分に縮めていくことが可能です。

インナーマッスルセラピーでどこが悪いのか原因筋を特定してより改善が見込めます

同じ肩が痛いでも筋肉によって痛みが変わり、筋肉によって動きの制限が変わることがあります。
それは治療前の細かな運動検査や日常生活での辛い動きを細かく検査して原因筋を特定します。また、治療を行いながらも経過をたどって痛みの変化などを確認しながらでの治療になりますのでその人に合った治療法。いわばオーダーメイドの治療を提供することができます。

四十肩は放っておいても良くならない

四十肩は安静にしていても良くなることはありません。痛みなどの症状は軽減するかと思いますがまた動き出すと症状が再発してしまう事があります。しかし、しっかり治療を行うことで根本的な痛みの除去をすることが出来ますので症状が戻ってくることはございません!!

何が原因なのか

四十肩の原因はいくつかあります。どのような動きが痛いのか動きにくさがあるのか見ていき、触ってそこに硬さや痛みがあるのかをしっかりと調べていきながら治療に入っていきます。それを行わなければただやみくもに筋肉を触るだけではダメなのです。

症状を取って行くのであれば

その日の症状を取って行くのであれば比較的短い時間でも取る事は可能です。表面の筋肉の緊張で動かなくっている可能性もあるからです。しかし、何故筋肉が緊張しているのかと考えるとそれは筋肉が悪くなって痛みが出ているからなのです。その痛みの原因を取って行かないとこのような症状はすぐに再発してしまいます。ぜひ当院におこしください!!

原因分析

四十肩の原因は様々あります。筋肉が原因と分かったとしても、それが肩や腕、はたまた肩甲骨周りが原因なのかで治療も変わってきます。その為、最初は全ての原因をつぶしていくように触って行きます。最後に残った部分が原因になりますのでそこを集中的に治療していきます!四十肩や五十肩は良くなりますので安心ください!

四十肩・五十肩

正式には「肩関節周囲炎」と言います。肩関節の周りにある滑液包や靭帯、腱などが炎症がおき、痛みをだしたり、可動域が狭くなったりします。基本的に急性期と言って痛みが強い時は安静をはからますが、痛みが出ている近くの筋の緊張をとり、血流を促進し、症状を改善していきます。しっかり治療することで、改善しますので、悩まず早めにご相談ください。

肩こりとは違います

肩こりは、周りの筋肉が疲労して起こります。四十肩・五十肩は肩周りの滑液胞と呼ばれるクッションや、靭帯、腱に炎症がおき起こります。自然にも治ってはいきますが、関節可動域が狭くなってしまったりなど起こりますので、早めに治療をすることをおすすめいたします。悩む前にご相談ください!

原因は?

はっきりとした原因は解明されていませんが、加齢に伴い方の関節や筋肉、軟部組織がかたくなったり、縮むなどの変化が起こることで炎症や痛みを引き起こすと考えられています。これに加え、普段の生活習慣やストレス、ホルモンバランスの変化といった関節的要因が重なることでもきっかけになるとも言われています。

しっかり筋肉治療を行うことで痛みや可動域を改善していけます。

肩こりとは違います

突然やってくる四十肩・五十肩。正式には「肩関節周囲炎」といい、周りにある滑液胞や腱、靭帯などに炎症がおき、症状として表れます。加齢に伴い動きが悪くなったところに関節を動かして周りの組織に衝突などし、炎症が起きたりします。しっかりケアをしていくことで、動きが改善していきます。

突然やってくる四十肩・五十肩

突然、シャツを着るときに方が痛くて上がらない、高いところの物をとろうと延ばすと痛いなどの症状が急にやってきたら要注意!

正式には「肩関節周囲炎」といい、肩こりとは違い肩関節内の滑液胞や腱、靭帯などが炎症を起こして起こります。主に加齢により動きの悪くなったところに関節を動かし周りの組織に衝突などし、炎症を起こしたりします。利き腕に出やすいなどの症状はなく、男女とわずにおこる可能性はあります。唯一、若い時にスポーツなどをやって肩を酷使されていたりなどしている人は、肩関節周囲炎になるリスクが高まるようです。

加齢によって肩の動きが悪くなり、無理に動かし周りに衝突するわけですが、肩関節は元々ゆるい関節です。その代り可動域が大きいわけですが、その分外れやすい関節です。その為、筋肉や靭帯でしっかり覆われ守っているのですが、日々の生活で姿勢がみだれ、肩周りの筋肉にも乱れによる緊張などが起こり、肩を守っているローテータカフと言われるインナーマッスルの4つの筋肉のバランスが崩れ、肩のアライメントが崩れる事も原因と考えられます。しかも、そのインナーマッスルは上腕骨頭を、上腕を拳上する際、しっかり誘導する役目もあります。しかし、その筋肉のバランスが崩れたり、弱ってしまってたりすることで不安定になり、三角筋などのアウターマッスルなどの大きい筋肉で無理やり上げることで衝突を起こしてしまうこともあります。

しっかり、筋肉のバランスを整え、悪い筋肉を治療することで、状態を改善することができます。

悩む前にご相談ください

四十肩・五十肩とは

突然やってくる四十肩・五十肩。シャツを着ようとしたら痛くて上がらない、吊革につかまろうとしたら痛くて上がらない等、急にやってくる四十肩・五十肩。

正式には「肩関節周囲炎」といい、肩こりとは違い、肩関節の周りの軟部組織、滑液胞や腱、靭帯などが炎症を起こして起こります。主に、加齢により動きが悪くなったいるところに関節を動かし周りの組織に衝突などをして炎症を起こしたりします。症状として、利き腕に出やすいとか性差は無いとされています。唯一、若い時にスポーツをやって肩を酷使した経緯があったりする人は、肩関節周囲炎になりやすいとは言われています。

症状には急性期と慢性期があります。基本的に急性期は無理に肩を動かすのは逆効果になります。重い荷物を持ったり激しく運動するのはやめましょう。

そして慢性期入ったら、温めたりし普段の動きなどを積極的に行いましょう。

しかし、自然に良くなるように放置をすると肩の可動域が狭くなったりします。炎症を起こす原因にローテータカフと言われるインナーマッスルが関与しています。

ここがしっかり働くことで、肩の骨が正しい動きをします。しかし、ここが衰えていると正しい動きができず、周りに衝突することがあります。

インナーマッスルセラピーでは、筋肉をしっかり治療していく事で、衝突する原因をなくし、可動域も上げていきます。

まずはご相談ください!

四十肩・五十肩にインナーマッスルが

ある日突然肩が痛くて上がらなくなった、吊革につかまるのが痛い、シャツを着ようとすると痛くて着れないなど、四十肩・五十肩のサインかもしれません。

正式には「肩関節周囲炎」といい、肩こりとは違います。肩関節内の滑液胞や腱、靭帯などが炎症を起こして起こります。主に加齢により動きが悪くなってるところに関節を動かし、周りの組織に衝突などをして炎症を起こしたりします。

左右差や、男女差などは特になく誰でも起こる可能性があります。唯一、若い時にスポーツをやっていて肩を酷使した経緯がある人は、肩関節周囲炎になりやすいと言われています。

その中で、炎症を起こすきっかけとなる衝突を起こす原因の一つに、ローテータカフと言われる、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋というインナーマッスルの衰えによるバランスの乱れが関係します。ローテータカフとは、肩関節を守り、動くときにスムーズに骨頭を滑らす働きがあります。そこの筋肉が衰えることでしっかり誘導できず、大きな筋肉、三角筋の力で無理に動かしてしまい軸がぶれ衝突を招いたりします。

インナーマッスルセラピーによって、筋肉の状態を整え、肩周りのアライメントを整え正常な動きができるようにしていきます。

辛い症状でお困りの方は、ご相談ください!

肩関節周囲炎という病気です

突然肩が挙がらなくなった、シャツを着るのに痛くて着れない、肩がこわばる、寝返りをうつと肩が痛む、などと言った症状があったら、四十肩・五十肩かもしれません。四十肩・五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」といわれる疾患になります。

肩こりとは違い、肩関節内の滑液胞や腱、靭帯などが炎症を起こして起こります。主に加齢により動きが悪くなってるところに関節を動かし、周りの組織に衝突などをして炎症を起こしたりします。肩関節を安定させ、正しい動きに導くローテータカフと呼ばれる「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」が衰えることで、安定感が無くなり肩を動かす際に、周りの軟部組織に衝突させ炎症を起こすというのもあります。この筋肉のバランスを整え、弱ってる筋肉を鍛えることも大事な一つになります。

症状を起こすのに、左右差や男女差などは特になく誰でも起こる可能性があります。唯一、若い時にスポーツをやっていて肩を酷使した経緯がある人は、肩関節周囲炎になりやすいと言われています。

症状も、急性期と慢性期に分けられますが、急性期は炎症が起き痛みがありますので、無理な運動はさけ、慢性期に入ったら温めつつ、適度に動かして行きましょう。しかし、早めに治療をしていく事が、肩の可動域を保つのに大事ですので、気になったら是非ご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083東京都世田谷区奥沢7-20-18 エレガンス山甲1F
駐車場なし
電話番号03-5706-3835
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約制)
休診日木曜午後