MENU TEL

むくみ

世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院で身体の内側からむくみを解消

足や手、顔などのむくみのお悩みは、世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院にて解消することができます。血液やリンパなど体液の循環を正常な状態に戻し、身体の中にたまってしまっている老廃物をスムーズに排出させることがむくみの改善には必要です。当院では、お薬を使うことなく人間が本来持つ自然治癒力を高め、体内環境を整えていくことができます。

女性のお悩みを解消いたします

むくみを気にされている女性は多いかと思いますが、ご自身でいろいろな対処をしていても効果が一時的であったりして思ったように改善につながらないこともあるでしょう。世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院の治療は、むくみを取り除いていき、そして今後はむくまない身体を作っていくことができるのです。身体のゆがみを矯正していくことが、根本治療になります。

滞った体液の循環を改善させるために

体液の循環を司っているのは、自律神経です。ストレスや疲れが溜まっていたり、身体にゆがみがあることで自律神経のバランスが崩れてむくみにつながってしまうのです。世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院の治療で自律神経のバランスを正常な状態を整えていくことが大切です。

むくみに対する正しい知識を身に付けよう!

むくみは脂肪とは違う為、食べなければ細くなるというものではありません。
そもそもむくみを脂肪と勘違いしてしまい、太ったから食事を抜かなければと食べなくなり、結果ホルモンバランスが乱れて余計にむくみを産んでしまう事も少なくありません。
正しい食事のとり方などを身に付けてむくみを改善しましょう!

むくみの原因は筋肉にあり!!

むくみは筋肉が悪い状態にあることが原因の1つです。筋肉が固まると周りの神経や筋肉を圧迫します。その結果血管の通り道が狭くなり、血管から水分がでてそれがむくみとなって症状を出してしまうのです。
筋肉の悪い状態を改善して健康な身体を手に入れましょう!!

むくみはどうやってできるのか

むくみというのは、血液循環が悪くなってしまった所の血液が居場所を失い、血管内から外に放出してしまった状態のことを言います。そのため血液の流れを良くしてあげることによってむくみというのは取れてきます。血液の流れが関係するのでむくみは重力の影響を受け、特に足に出やすいのです。

筋肉のポンプ作用

静脈は血液を全身から心臓へ戻す為の血管です。その際に筋肉のポンプ作用で血液を送ってあげるのですが、筋肉の状態が悪くなるとそのポンプ作用が働かなくなってしまい、血液が滞ってしまいます。行き場の無くなった血液は血管外へ放出され浮腫みへと変わって行くのです。

むくみはどこにでもできてしまいます

むくみというのは筋肉が緊張してしまった時に血管を圧迫してしまって滞ってしまった血液が外に放出されてしまった状態なのです。そのため、筋肉が悪くなってしまった所はどこでもむくみは出てしまうのです!!むくみを取ってあげるには血管を拡張してあげるのが大切です!筋肉を治療していくとともにむくみ解消もしてあげましょう!むくみがきになってしまうかたはぜひ当院へ!

むくみ

身体を循環している血液が心臓に戻りにくくなっているところでおこります。足のむくみなど立ち仕事の方に多いと思いますが、重力に逆らって血液が心臓に戻らなくてはいけないのが、脚の筋肉の疲れなどで血管が圧迫され、そして運動をしているわけでないため、筋肉によるポンプ作用も働かずにおこります。むくみの改善にもインナーマッスルセラピーです!是非当院へ!

むくみの原因

立ちっぱなし、座りっぱなしなどがよく言われます。ではっそれはなぜでしょう。答えは身体の仕組みにあります。血液は心臓というポンプから送り出され、なおかつ動脈という血管でもポンプ作用で全身に新鮮な血液を送ります。しかし静脈という全身の細胞から老廃物をもらって心臓に戻る血管はポンプ作用はありません。そうすると心臓より低いところにあるものは、重力に逆らっていかなくてはならず、立ちっぱなしや座りっぱなしの人の足に出やすいのです。そこで体は動くことで筋肉の収縮によってポンプの働きをさせます。なので、むくみやすいかたは積極的に下腿の筋肉を動かし血液を送りましょう。結果、歩くのが良いですね。あとは、良く温まり循環をとくしましょう!

むくみ

むくみは、静脈血がちゃんと心臓に戻れず、途中でうっ血して起こります。簡単に言えば、ちゃんと循環を良くしてあげればよいのですが、色々な生活環境や、身体の中で起こっている事で、血管が狭くなり流れが悪くなるなどにより循環が悪くなっておこります。

地球上には重力というものがあり、下腿の方の血液はその重力に逆らって心臓に戻らなくてはなりません。それには、筋肉によるポンプ作用が大事になります。

ということは筋肉を収縮運動させなくてはいけません。なので、定期的にあるいたり体を動かすことが大事です!

原因は!

むくむ原因は、静脈血がちゃんと心臓に戻らず滞り、うっ血している状態です。本来心臓から送り出された血液は全身の細部まで行き渡り、そこの細胞に栄養を与え、そしていらなくなったものをもらってまた心臓に戻ります。しかし、その途中筋肉の圧迫などで道が狭くなり通りにくくなってうっ血したり、動脈にはポンプ作用はあるものの、静脈には無く、筋肉の動きによってポンプ作用として働き送ります。しかし、動かなかったり筋肉が硬くなったりで働きが衰えるとポンプ作用の働きが作用せず、心臓へ送り戻せなくなり結果むくみます。

しっかり筋肉を動かしてあげる事が大事になります。

むくみの原因

筋肉が硬くなり血管も締め付けます。そうすることで、血液の流れる道が狭くなり流れにくくなります。さらに静脈はポンプ作用がないため心臓に血液を戻しずらくなりうっ血します。そうするとその圧力で血液成分が血管から染み出るかんじでむくみとなります。血管にポンプ作用が無いため周りの筋肉の収縮によってのポンプ作用で血液を送り戻しています。よって、むくみ予防うの一つはしっかりと筋肉を収縮させる、いわゆる適度に運動するという事、そして硬くなってる筋肉をゆるめるということになります。

筋肉のむくみ

筋肉もむくみます。筋肉のむくみ「筋浮腫」は、筋肉の疲労や筋肉にストレスがかかり傷ができ、それによって筋肉の表面が硬くなります。それに伴って、血管(静脈)も圧迫され通り道が狭くなります。静脈は、ポンプ作用がないため、筋肉の収縮によって心臓へ送り戻しています。筋肉が硬くなり送り出されず、道もせまくなり行き場に困った血液は、うっ血します。それにより、血液成分が血管より染み出る形で浮腫が起こります。

よって、改善をはかるには、硬くなった筋肉をほぐし、血流を促す必要があります。当然筋肉の栄養は血液からくるので、循環を高めることは大事になります。

むくみ

むくみを出す病気もいろいろあります。ネフローゼ症候群、急性糸球体腎炎、慢性心不全、甲状腺機能低下症、クッシング症候群などあったりします。しかし、病気じゃなくてもむくんだりします。むくみは、心臓から出た血液が動脈をかいし全身に回り、各細胞から老廃物などを受け取り静脈を通って心臓に戻ります。

しかし、動脈とは違って静脈はポンプ作用がないため、筋肉の収縮による筋ポンプによって送り戻します。しかし、立ちっぱなしや座りっぱなしなど筋肉を動かさないでいたり、筋疲労にて筋肉がギュと硬くなったりなどで血管を圧迫したりなどでうっ血状態になります。そこで、流れにくくなった血液成分が漏れだしむくみになります。

むくみの原因に筋肉

むくみと聞くと女性のお悩みのひとつではないでしょうか。そこには、筋肉も関係しています。足のむくみなど、おこるのは身体に流れる血液が心臓から送られ、動脈という血管を通り、全身に栄養や酸素を送ります。そして各細胞で使われ不要になった老廃物などを静脈という血管にて最終的に心臓に戻ります。この時心臓、動脈はポンプ作用がありしっかり全身に送れるのですが、静脈はポンプ作用がなく、筋肉の収縮による筋ポンプの作用で心臓に戻します。よって、立ちっぱなしなどの筋肉をしっかり使わないと血液を送り戻せず、うっ血しむくみとなります。他にも、筋肉が疲労したり傷が付いたりして筋肉が硬くなると、血管を圧迫し、血流が悪くなり同じようにむくみができます。しっかり筋治療をすることで、むくみの改善を行えます。

むくみ

むくみの原因に、実はエアコンも関係あります。エアコンにより身体が冷やされると、体温と下がり過ぎないように血管を収縮します。そうすることで、血液の流れる道が狭くなり、流れにくくらります。そうすると行き場をなくした血液は、血管から漏れ出し、むくみとなります。

冷えは、身体にとってあまりいい事はありません。夏でもしっかり湯につかって全身の血流をうながしてあげましょう。低体温は、免疫力も下げます。

むくみ

むくみは女性のお悩みの1つではないでしょうか。身体の60%は水分で構成されています。むくみとは、その水分が上手く回収されず、細胞の隙間に溜まってしまった状態のことを指します。飲みすぎたり、塩分の濃いものを食べすぎたりすると、身体の水分濃度を一定に保とうと水分を体に溜め込むために起こったり、筋肉の働きが弱くても起こります。むくみに効果的な食べ物があります。カリウムを多く含んだ食べ物は身体を活性化させて塩分の排出を促し、水分量を適正に保つ働きがあります。カリウムを多く含むものには海藻類、ナッツ類、豆類、イモ類、葉類があり、特に多く含まれているものにはバナナです。食生活も気にして健康な状態を保ちましょう!そして筋肉を活性化させしっかり血液循環をよくしてあげましょう!

筋肉のむくみ

筋肉に傷がつくと身体は守ろうとし、周りを硬くします。そうしたことで、コリの症状などがでつくるのですが、筋肉が硬くなることで、血管も締め付けてしまいます。そうすることで、身体の各細胞に送られ、老廃物をもらって結果心臓にもどる静脈が圧迫され血液が滞ります。するとうっ血状態になり、血管から成分が染み出てむくみを作ります。そして、静脈は、筋肉の収縮運動にてポンプの働きをしてもらい心臓に血液を送るという作業をしますが、筋肉が硬くなり動きづらくなったり、動かさないとやはり血液を送れなくなりむくみが出ます。筋肉を健康に保つことが大事になります。しっかりケアしてあげましょう。

むくみの改善には食事も

むくみは、身体の水分の濃度を一定に保とうとする働きからおこります。よって、濃い味のものを食べすぎたり、お酒を飲みすぎたりするとおこるのは、体内の濃度があがり、水分を取り込み濃度をさげようとして起こります。むくみに効果的な栄養素はいくつかありますが、「カリウム」をとるといいです。そして一番接種でき簡単なのは「バナナ」です。朝食をとる時間がない方、ばなな一本食べるなどもよろしいかもしれません。しかし、栄養のバランスは大事です。暴飲暴食は控えましょう!

むくみ

筋肉もむくみます。筋肉に損傷が起こると傷を治そうと炎症が起こります。それに伴い、筋肉自体が痛みを出しづらいようにギュッと父困り硬くなります。そうすることで、中にある血管なども圧迫し、血流を悪くします。そうなることで、心臓から送りだされた血液が、動脈を通り各細胞へ、そこで老廃物などを受け取り最終的に心臓へ戻るんですが、その途中で圧迫によりうっ血状態になります。そうすると行き場を失った血液成分が血管より染み出てむくみになります。

筋肉をしっかりケアしてあげることで、改善していきます。見た目に傍流してみえるのは浮腫みの可能性大です。ぜひご相談ください!

むくみ

むくみは、血管内の水分が外に染み出ておこります。様々な理由で、本来細胞の中と外で水分のバランスがとれているものがくずれておこります。局所的なものでは足などずっと座りっぱなしなど同じ姿勢をとっていることで重力などの影響で血液が溜まってしまい起こります。本来全身から心臓に血液を戻す為に静脈を通っていくのですが、静脈には動脈のようなポンプ作用がなく、筋肉の収縮によるポンプ作用で血液を送ります。動かないとか、筋肉がしっかり働かないなどの状態になると心臓に送り戻せずおこります。筋肉は重要な働きをしているんですね。

むくみの原因

むくむには、アルコールや濃いものを摂取した際におこりやすいですが、それは、身体の水分濃度を一定に保とうとする働きから起こったりします。

その他に、重力があります。立ちっぱなしなど動かない状態のが長く続くと血液が心臓に戻りづらくなりおこります。後、筋肉が凝り固まることで、血管も圧迫し起こったりします。適度な運動などで筋肉の働きを促し、血流をよくしていくことが大事です。

むくみにも筋肉治療

むくみは、身体がもつ体内の状態を一定に保とうとする恒常性という働きによるものが主になります。たとえば、アルコールをたくさん接種したり、濃いものを摂取したりすることで濃度が上がり、一定の濃度に保とうと水分をどんどん引きつけ薄めていく働きがおこります。そのことによってむくみが生じます。他には、立ちっぱなしや座りっぱなしなどで足がむくんだりしますが、これは、心臓から出た血液は心臓のポンプ作用と動脈のポンプ作用で全身に送られますが、全身から心臓へ戻る際には静脈を通り結果戻ります。しかし、静脈にはポンプ作用がないため、筋肉の収縮運動を使って筋ポンプの働きで送っています。よって、座りっぱなしや立ちっぱなしだと重力に逆らって血液が送れず、なおかつ、ふくらはぎの筋肉が運動をあまりしないため筋ポンプの作用が働かず、うっ血状態になり、結果、血液の成分が染み出てむくみができます。

他に筋肉が疲労し硬くなった時にも実はむくみも起きます。筋肉が障害を受け硬くなることで筋自体はギュッと縮こまります。そのことで筋肉内の血管も圧迫し血流を悪くします。そのことでやはりうっ血状態がおこりむくみます。

インナーマッスルセラピーでは、まず硬くなった筋肉を緩め、そして血行を良くしむくみを改善していきます。深層筋にもアプローチをするため、芯から血流も良くなりむくみや冷え性なども改善していきます。血行を良くすることは大事です!

むくみ

むくみは、恒常性といって身体の状態を一定に保とうとする働きから起こります。アルコールを大量に摂取したり、濃い物を食べたりしたことで体内の濃度が高くなったものを、水分をどんどん引きつけ薄めようとする働きから起こります。

他には、立ちっぱなしや座りっぱなしなどで足がむくんだりしますが、これは心臓から出た血液は心臓のポンプ作用と動脈のポンプ作用で全身に送られます。そして全身にいった血液は細胞で老廃物などをもらって静脈を介し、また最終的に心臓に戻ります。

この静脈ですが、静脈事態にポンプ作用が無く、筋肉の収縮運動によって助けられています。これを筋ポンプと言います。人の心臓は高い位置にあり下肢の血液は重力に逆らって登らなくてはならず、筋肉を動かさないでいると血液を送ることができず溜まります。そうするとあとから送られてくる血液の圧力によって血管から成分がしみでるようなかたちでむくみができます。

また、筋肉が疲労したりなどで硬くなった際にも実は筋肉もむくみます。筋肉がギュと硬く縮こまると一緒に血管も圧迫してしまい結果むくみます。

こうしたむくみには、インナーマッスルセラピーが有効になります。深層筋を含め、しっかり治療することで、血流も促進させますし、筋肉の働きも良くします。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083東京都世田谷区奥沢7-20-18 エレガンス山甲1F
駐車場なし
電話番号03-5706-3835
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約制)
休診日木曜午後