MENU TEL

今話題のロコモーティブシンドローム

世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院のロコモーティブシンドローム予防のための施術

身体の機能が低下してしまい将来的に介護が必要になってしまう、寝たきりなってしまうという状態をロコモーティブシンドロームと言います。できることならばいつまでも自立した生活を送りたいものですよね。そのためには、世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院にてロコモーティブシンドローム予防のための施術、そして日頃からも適度な運動を心がけることが大切です。

ロコモって何?

ロコモーティブシンドローム。言葉だけであれば耳にした事があるのでは?ロコモというのは、筋力の衰えのよって身体の機能が低下してしまっている状態です。将来的には介護が必要になってしまうかもしれません。基本的に、40代から50代での発症が多いです。このロコモというのは決して病気ではないので良くすることも可能です。またトレーニングによって予防することも可能なのです!!

身体に無理をさせては逆効果です

ロコモーティブシンドロームの予防のためには、日頃から運動をして身体を鍛えることも重要です。しかし、身体に負担をかけるような無理な運動してしまえば逆に怪我をしてしまうこともあるでしょう。世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院では、お一人お一人のお身体の状態に合わせたトレーニング方法をご指導いたします。

ロコモーティブシンドロームメニュー実施しています

くほんぶつ駅前整骨院では5月よりロコモーティブシンドローム予防のメニューを商品化いたしました。私たちの最大の強みであるIMT(インナーマッスルセラピー)を軸にし、それに近畿大学准教授の谷本道哉先生が監修した運動トレーニングメニューがコラボ致しました!これは・・・日本でもなかなか見かけることのないメニューになります。効果は高く、筋肉量や骨量などを毎月測定していきます!予約が優先になりますので一度お問い合わせください!

短時間でのトレーニング

ロコモを予防、改善へと進ませていく事は可能です。そこでしてほしいのはやはりトレーニングです。しかし、長いトレーニングは続かなくなってしまう事が多いです。そのため、短時間で負荷を掛けてトレーニングをすると同じ効果が得られます。負荷を掛けるというのもトレーニング時に関節を完全に伸びきらないまま10回程度してもらえれば結構です。関節を伸びきらないままであれば筋肉に持続して負荷を掛けることが出来るので効果が上がります

日常生活では?

やはり歩く事です。積極的に階段を使ったり、ときどきでもいいのでたくさん歩く為にいつも降りている駅より1駅前で下車して歩くなどもいいと思いますよ。日々の心がけが大切になります。それが難しい。分からないという方は当院にお越しください!出来るだけお身体が動きやすくなるように治療もして日々のケアについてもアドバイスしていきます!

ふらつく事が多い

足元がおぼつかない。靴下を履くときに大変。つまづく事が多くなった。このような事が増えてきましたらロコモーティブシンドロームの可能性があります。ロコモとは運動器障害で主に足や体幹に影響を及ぼすのでバランスが保ちづらくなってきます。このロコモを改善予防するにはやはり運動が必要になります。いつもより長い距離歩くなどの日常的に意識することも大事です!

足の疲れも

最近足が疲れやすくなったなと感じた方ももしかしたらロコモに一歩足を踏み入れているかもしれません!意識的に歩く事で初めのうちは疲れてしまうかもしれませんが段々と距離を伸ばしても大丈夫なようになって行きます!!

基本は体幹と脚

ロコモで衰えてしまって影響が出てしまう筋肉で言えば、体幹部分と脚です!!他も全くないというわけではないですが、この筋肉を衰えさせない事が第一となってきます!!そのため、体幹と脚を鍛えるトレーニング。または、日常生活ならば積極的に歩きましょう!

出来れば一生自分の脚で歩きたいですよね?

ロコモというのは、筋肉の衰えによる運動器障害です。そのまま放っておいてしまうと、介護が必要になってしまうかもしれません。出来れば自分の脚で歩いていきたいと思われるのでお早目の対処が必要となって行きます。

階段を上がるのが辛い

階段を上がる時に手すりを使わなくてはならなくなってしまったなど、ふらつく事が増えたなどはありませんか?もしかしたらロコモーティブシンドロームかもしれませんよ??ロコモは病気ではないので良くなることもあります。また、予防することも十分に可能です。

 

筋力テストをしてみては

簡単な方法で、ロコモシンドロームの疑いがあるか分かります。

膝が90°位(以上)曲がるような椅子や腰かけられるところに座り、片足で立ち上がります。

この時ふらついたり、つかまってしまったり、脚がついたりしたらロコモシンドロームです。意外に若くても筋力が落ちている方が多いです。

将来寝たきりなどにならない為にも、鍛えて健康維持しましょう!

将来笑顔で過ごせるように

ロコチェック、やってみましたか?是非やってみてください。一つでも引っかかるとロコモ予備軍です。今普通に生活していても筋力の衰え、筋肉量の減少は、将来を不安にさせます。自分の足で歩く、あたりまえと思う事が当たり前でなくなってしまうかもしれません。

治療ではなく、予防です。すぐに筋力や筋肉量が上がるわけではないので、気になる方は今から始めましょう!

ロコモティブシンドローム
ロコモってご存知ですか?「運動器症候群」といって、骨や筋肉など、歩く立つなどに必要な運動器に障害がで、要介護とかになってしまうリスクがある状態をいいます。そうならない為にもしっかり筋肉を鍛えたり、悪い所は治療をし、将来元気に笑顔で過ごせるようにしましょう!腰痛は、ロコモになるリスクを高めます。

予防が大事

ロコモティブシンドロームにならないために、日頃からの筋肉トレーニングが必要です。将来、要介護になったりしないように今から気にしましょう!エスカレータやエレベーターを使わず会談を使う、時間あるときは一駅歩くなど、日頃の生活の中に運動を取り込むと良いでしょう。しかし、筋肉がダメージを受けていたりなどしていると良くありません。ケアもしながら、明るい将来を目指しましょう!

ロコモティブシンドローム

ならないためには、筋力を維持、または筋肉量をアップさせないと行けません。筋肉に悪い症状がある方は治療を行いながらトレーニングを進めて行くことで、効率的に健康を維持できます。腰痛などお持ちの方は、ロコモのリスクを高めます。将来、要介護などにならないように今から始めましょう!まずはしっかりケアをし、堅剛な身体づくりから!

予防が大事!

将来も元気に旅行にいったり元気に暮らしたいものです。平均寿命が延びている昨今、要介護になる方も増えてしまっています。その一つの原因は筋力低下により、歩行困難になったり、筋力低下によりケガに繋がり、結果要介護にらるなどがあります。筋力はすぐにつくものではありませんし、怪我してからでは大変です。禁欲を落とさないように今から心がけましょう!

ロコモにならないためにも

国が出している、ロ子チェックに一つでもチェックが入ると、ロコモ予備軍です。筋力低下が疑われます。今すぐ何かが!というわけでもないかもしれませんが、筋力はすぐに付きません。ちょっとした心がけから始めてはいかがでしょう。エスカレーターを階段に!時間があれば、近距離は歩くなどちょっとしたことの積み重ねが大事になります。しかし、腰痛などお持ちになるとリスクも高まり、運動にも支障がきたります。筋治療を進めながら、筋肉も鍛えましょう。もちろん腰痛よぼうにも、筋力は大事です。

ロコモ予備軍は若い人でも・・・

筋力低下は、今若い人でも多く見受けられます。ロ子チェックに一つでも引っかかると予備軍!現代社会、便利になりあまり歩かなかったり、運動量が少なかったりと、筋肉を自然に鍛える時間が少ないように思います。筋力低下は、様々な障害を引き起こす可能性もあります。楽しく元気に過ごすためにも、弱ってる筋肉を鍛えて元気な身体を築きましょう!

ロコモティブシンドローム

みなさんロコモティブシンドロームってご存知ですが?2007年に日本整形外科学会が提唱したことはで通称「ロコモ」とよんでいて、日本語では「運動器症候群」となづけられました。筋力が低下することにより、寝たきりや、要介護になり歩けなくなったり、骨折や転倒が増えてしまうケースが多くなることや、筋力が低下し血管が圧迫され脳血管障害に繋がってしまったりします。メタボにつぐ国民病と言えます。ロコモティブシンドロームにならない為には、筋肉量を低くしないことと、筋肉が健康な状態であることが非常に大事になります。筋肉は、骨や関節・神経を守っている非常に大切な身体の機能なんです。

そして、腰痛もロコモになるリスクを高めています。腰が痛くて歩くのがおっくうになって歩かなくなったりなどのことで筋力か落ちていったりなど結果、要介護に繋がったりしていきます。ロコチェックで運動テストなどしてみても、若い人でもロコモ予備軍の人が多くなっています。動ける今からしっかり筋力をつけ、ロコモ予備軍からぬけ出しましょう。そして健康な筋肉こそが健康な身体を支えますので、しっかり深層筋からケアをし将来も楽しく生活できるようにしましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083東京都世田谷区奥沢7-20-18 エレガンス山甲1F
駐車場なし
電話番号03-5706-3835
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約制)
休診日木曜午後