MENU TEL

katakori1

katakori2

onayami_katakori

肩こり

肩こりの本当の原因を知り世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院で治療

肩こりはたくさんの方が抱えている症状では御座いますが、特に治療を受けるほどではないと思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、肩こりの症状を放っておくと、肩部分だけの症状ではなく頭痛やめまい、吐き気、腕や指先のしびれにまで発展してしまうこともあるのです。そのため、たかが肩こりだと軽視せずに世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院にて正しい治療を受けられることが大切です。

広い範囲に症状が出てくることも…

肩こりの症状というと、肩部分のだるさや痛み、ハリ感などが挙げられますが、症状の範囲が広がり首から背中にかけてつらい状態になってしまうことも御座います。世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院では、症状の出ている患部への施術だけではなく、頚椎から背骨、骨盤といった全身の骨格を調整していき、血行不良を改善いたします。

きちんと原因を取り除いてあげましょう

肩こりを改善するためにマッサージを受けられている方も多いかと思いますが、原因が肩にあるとは限りません。世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院では、身体に潜んでいる本当の原因を探り取り除いていく施術をおこないます。

放っておくと大変なことに!?

慢性的な肩こりは放っておいても良くなることはありません!!痛みやだるさが引いたってことはあるかと思いますが完全に治り切ったという事はないのです!!もはや、ほかの筋肉などにも影響してしまって肩が上げられない、首が回らないなどの症状が出てしまう事も!!そうなる前にお身体をしっかりとケアしていきましょう!!

腕が上がらなくなってしまう事も?

肩コリが辛くなってしまうと、肩が上がらなくなってしまう事もあります。それは、肩こりによって肩周りや肩甲骨周りの筋肉が固まってしまって動きの範囲が狭まったり、痛みを伴ってしまう為に上がらなくなるのです。しかし、しっかりと筋肉を治療してあげれば必ず良くなるので是非当院にお越しください!

急な痛み

肩こりは慢性的になってしまっている事が多いです。そのため、放置してしまっている人が多いですがそのままにしてしまうと、寝違えや振り向きざまに首に突如痛みとして表れてしまう事が多いです。そうならない為にも日々のケアは必要となってきます!!

肩が張っているような感覚

肩こりと言ってもさまざまあります。肩が張ってしまうような感覚になってしまってそこから動かすと痛みが出たり、だるさが出てしまったりしまいます。これらの原因は筋肉にありますので治療をして原因部分を取り除いてあげればハリ感は取れてくれます。他にも肩に気になるご症状がありましたら是非当院へ!!

肩こり

現代人の多くの人は、肩こりで悩んでいるのではないでしょうか。パソコン・スマホなど猫背で下をむいている時間が長い。そうすると重い頭を支えなくてはならず首・肩周りの筋肉が常に引っ張られる形で痛みなどを出していきます。そして肩もあまり使わないと、肩甲骨も動きづらくなり凝り固まってきます。そんな状態を慢性的にしている事で、様々な肩周りの障害のきっかけにもなります。肩こりと簡単に考えず、筋肉の損傷です。早めにメンテナンスして、健康維持致しましょう!

肩こりの原因は・・・

ずばり筋肉です!これからの季節はエアコンの風などにも要注意!冷やすことで血管が収縮し血行が悪くなります。筋肉は血液からの栄養によって収縮します。血流が悪いという事は、筋肉が動きずらい、硬くなるという事にもなります。当然首周りの筋肉にも影響します。首は大事な神経が沢山走っています。そこも圧迫されたりして、頭痛が起きたりと様々な症状も起こします。

肩こりと軽く流さず、しっかりケアしましょう!

肩こりと軽視していると・・・

肩こりの辛い症状の原因は筋肉です。しかし、これが原因で頭痛が起きたり時には、四十肩の引き金になることもあります。

パソコン作業やスマホ、下向き加減で猫背の生活、これにより身体のバランスが崩れ筋肉に障害が生じ不快感を出します。筋肉は使わないと萎縮します。そうする事でさらに肩のバランスが乱れます。早めのメンテナンスをすることで、その延長線上におこりうる障害を予防しましょう。

エアコンの季節は注意

肩こりの原因に生活習慣があります。パソコン作業やスマホ、そして肩周りの運動不足などあまり肩を使わず、不自然な姿勢を取り続けることで、それが自然になってしまいます。脳もそう覚えてしまいます。それによりアンバランスになった肩周りの筋肉により、血管などが圧迫され血行が悪くなり、血液よりエネルギーをもらってる筋肉は動きが悪くなり不快な症状となります。そこにエアコンの風!冷えによりますます血流が悪くなり症状悪化えとつながります。冷やし過ぎないように注意することと、温めることも意識するだけで変わってきます。ご自身のお身体を労わりましょう!

こまめにストレッチを

パソコン作業など、私生活に原因があり、なかなか原因を取り除けない場合はこまめに首周りのストレッチを!温めるグッズもあったり、ちょっとした休憩にケアをして和らげましょう!血流をよくする事は大事です。

ストレスも原因の一つ。ストレス発散することも大事です。お休みの日には趣味やスポーツをし心からケアしましょう!

肩こり

様々原因はありますが、肩甲骨!ここもキーワードです。肩の動きには肩甲骨が上手に使えることが大切なのですが、たいていのひとは、使えていません。

しっかり意識して使うことで肩こりも改善してきます。肩周りのストレッチをするなかで、肩甲骨周りも、そして一緒に動かすことを意識して運動することをおすすめします。

肩こりの原因に姿勢

肩こりでお困りの方は多いと思います。この間いらした患者さんでは、小学校の時から自覚症状があったという方もいらっしゃいました。

お話を聞くと、書き物をする時の姿勢が良くない事がわかりました。猫背で首を斜めにして独特な姿勢でした。

このように正しい姿勢でないと頭を支えている首周りの筋肉の一部に負担がかかり傷をつけ、コリの原因を作ります。頭は体重の約10%の重さと言われています。現代は何かと姿勢を乱す原因が多く、意識的に注意しないと正しい姿勢を維持できません。健康な身体を維持するためにも、姿勢は意識しましょう!

冷えに注意!

毎日暑いですね。暑いとついついエアコンの温度も下げ風に当たりたくなります。しかし、筋肉は冷やすと血行も悪くなり硬くなります。

頭を支えている首・肩周りの筋肉たちも硬くなり、動きが悪くなり、肩こりになります。その状態で支えていたり日々の負担で余計に筋肉に傷をつけ炎症を起こします。

温度設定はエコ設定で、直接当たらないように!出来るだけ、休める時は温めてあげるとよいですよ!

肩こり

頭の重さは体重の約10% 50kgの人で頭は5kgくらいになります。それを支えているのが首肩周りの筋肉!

考えてみてください。お米の袋がいつも頭にあるわけです。例えばスイカでも良いです。手でもって真直ぐ真上で支えてみましょう。それを徐々に前に傾けると腕の筋肉が辛くなると思います。まさしくその状況が起きているんです。パソコン作業やスマホ、ネコ背での作業は筋肉を緊張させます。極力姿勢を正し、こまめにストレッチなど筋肉を動かし、血行を良くしましょう!

肩こり

肩こり解消には、生活習慣を正す事が!姿勢を意識しましょう!といっても職業柄しかたがない等あると思います。基本的に、筋肉を動かさずストレスをかけ、血行が悪くなって起こっているので、温めたり、こまめに動かしたりし筋肉をほぐしましょう。特に肩甲骨を動かすようにすると良いです。腕を動かす際には、肩甲骨を意識して動かすことで使えていない肩甲骨がつかえ、その周りの筋肉も動くようになります。

肩こりに関係する筋肉

肩こりの原因は筋肉です。重い頭を支え、姿勢の乱れにより広範囲の筋肉に負担をかけ、肩こりを起こしています。関係している筋肉として、僧帽筋(そうぼうきん)、肩甲挙筋(けんこうきょきん)、菱形筋(りょうけいきん)、広背筋(こうはいきん)板状筋(ばんじょうきん)前鋸筋(ぜんきょきん)なごがあります。負担のかかり方により腰の方にもくるんですね。コリはその一か所だけが問題になるわけでなく、かばいによって反対側が硬くなるなどあります。まずは、姿勢を気にし、冷やし過ぎないこと、こまめにストレッチをし血液循環をよくすることなど心がけてください。

肩こり

重い頭を支えていることで、張りやすい首・肩の筋肉。男女比では、女性の方が多いとのデータもあるようです。頭の重さは、体重の約10%。その重いものを支えているのですが、パソコン作業などによる姿勢の乱れなどで、より後ろの筋肉を伸張させ負担をかけます。そして冷え。暑いからと言ってエアコンに直接当たったりと肩周りを冷やすことで、血行が悪くなり筋肉を硬くします。こまめに運動をし、肩周りの筋肉を動かし血流を高めましょう!特に肩甲骨を意識して運動を行うとよいですよ!

肩甲骨を意識!

肩こりは辛いですね。ストレッチとする際、肩甲骨をしっかり動かすことを意識することが大事です。腕を動かすのは肩関節だけの可動域ではなく、肩甲骨が大きな働きをします。その肩甲骨にたくさんの筋肉も付着していて、それが固まってしまうと動かなくなります。ちょっとした時のすとれっちには、肩甲骨同士を引きつけるように動かしたり、手を大きく肩甲骨と意識して回す動きなどをして、気持ちい程度に運動してあげましょう!

目からも肩こりが

仕事などで目をこくししている方は、肩にきます。目の周りの筋肉が疲労し、そして視神経も疲労し結果血流が滞り、老廃物や発痛物質が滞りそれが首の周りの意筋肉を疲労させそれが肩までおよんで起こります。

目を休め、周りの筋肉をほぐすのに、40℃程に温めた蒸しタオルで10分ほど温めたり、首・肩を回すだけでも緊張がとけて筋肉が緩みます。血流を良くすることが大事ですので、バランスのとれた食事なども大事になります。適度な運動と食事!心がけましょう!

肩こり

厚生労働省の『国民生活基礎調査(平成19年)』によると、私たちが日常生活で自覚している症状のなかで、肩こりは女性では1位、男性では2位になっているほど身近な症状です。体重の10%ほどといわれる頭を支えている首は、姿勢が悪かったり、寝ている時の枕が合わないなど様々なことで、負担をかけています。

そうすることで、筋肉は傷が付き硬くなります。そうすると筋肉が血管も圧迫し血流が悪くなり、慢性的になると傷がなかなか治らずシコリとして残ってしまいます。

そのシコリ「筋硬結」があることで、ほぐしてもまたすぐに辛い症状に戻ってしまいます。しっかり筋纐纈を取り除く治療をすることで、改善していきます。

血流というのは大事です。冷やさないように心がけるとともに、肩周りを温めたり、筋肉を動かし、血流を促進すると良いです。

肩こり

原因の多くは、生活習慣。

下向き加減、猫背は肩周りの筋肉に負担をかけます。頭の重さは体重の約10%

それを支える筋肉には負担がかかります。主に肩甲挙筋という筋肉や、小、大菱形筋など肩甲骨に関わる筋肉に良く現れます。

日頃のストレッチなどで、肩甲骨周りの筋肉をほぐし、血流を良くする心がけをしましょう!

姿勢を意識しましょう!

肩こりの原因の一つに、生活習慣の姿勢の乱れがあります。パソコン作業やスマホをいじるなど、猫背での作業が多くなってしまうと頭を支えている首・肩の筋肉が重い頭を支え続ける為に緊張し続けます。そうすることで、筋肉に傷が付いたり疲労物質が溜まり、硬くなり、血行が悪くなったりします。更に目の疲れから首の筋肉に影響を及ぼし、更に拍車をかけます。

まずは、血行を良くすること。温めたりマメに肩周りを動かし、ストレッチすることが大切です。

肩こり

予防としては、生活習慣を改める。しかし、仕事など辞めるわけにはいきませんよね。であれば、なるべく原因になっていることを減らす、またはセルフケアを心がけることが大事になります。ただし、頸椎疾患、高血圧症、肩関節疾患など、病気に由来するものは別です。病院に行き診察を受け治療しましょう。

そうでないものは、下向きかげんでの生活、パソコン作業などなるべく姿勢よく行えるように、そしてこまめに肩周りの運動です。肩甲骨から動かすような肩周りの運動、そして、冷え予防。温めることも大事です。目の疲れからもきますので、定期的に休憩をはさみ、40℃位のタオルなどで温めてあげたりするのも良いでしょう。レンジで温めて使えるグッズもでているようです。後は、ストレスも肩こりの大敵。ストレス解消できる時間もつくりましょう!

ストレッチを!

肩こりでお悩みの方は多いと思います。原因は筋肉です。目から首にきての疲労、なで肩、猫背、など肩周りの筋肉に大きく負担をかけています。疲労物質がたまり、頭をさあ得るためにずっと緊張し、筋肉に傷をつけてしまっています。頭の重さは体重の約10%。15度前に首を傾けるだけで倍以上の重さ分の負担が首の筋肉にかかります。適度に時間を作り、首回りなどストレッチをし血液循環を良くしましょう!特に、肩甲骨を動かすストレッチをおススメします。肩甲骨を意識し肩を回したり、肩甲骨を近づけたり、上げたりなどの運動をするとよいでしょう。

冷やさないように!

夏は、肌も露出ぎみ。電車やスーパーなどでは、エアコンがよく効いてます。肩こりの原因の一つに、「冷え」があります。これは、冷える事で、体温が下がり過ぎないように、血管を収縮させ、体温を外ににがさないようにします。こうすることで、筋肉などに行く血液も減り、運動しづらくなり硬くなります。冷えないようにと、疲れたら温めてあげて、軽く筋肉を動かしてあげる事が大事になります。血行が大事です!

頸・肩の筋肉は頭を支えています

頭の重さは、体重の約10%と言われます。50kgの体重の人で頭は約5kgとなります。それをずっと支えているのです。姿勢良く生活をしていればまだいいのですが、パソコン作業等、前かがみの姿勢に成るとその頭の重さがもろに首に負担を掛け、筋肉は頑張って支え続けます。約15度傾けただけで、頭の重さの倍以上の重さの負荷がかかります。猫背等、姿勢に注意し、冷えも原因にはなります。生活のかかでの負荷を少しでも軽減し、夏でもゆっくりお風呂につかり血行を良くし、筋肉を動かし、ストレッチをしてあげましょう!

そして、IMTでしっかり治療をし、根本的に解決していきましょう!

肩こりにはIMT

肩こりの原因にもいろいろあります。パソコンやスマホなどの操作、目の疲れ、猫背などの姿勢の乱れ、なで肩、色々あります。男性より女性の方が、肩こりを訴えている方が多いようです。色々な状態での、頸・肩周りの筋肉にストレスをかけている結果、筋肉が硬くなり、疲労物質が溜まり、そして血行が悪くなって症状を出しています。症状改善には血行促進することです。温める事も大事です。

IMTは、筋肉の表面の硬さをほぐし、その下にある浮腫みを取り、血行をよくしてい行きます。そののち原因になっているシコリ「筋硬結」にアプローチしていきます。

肩こりはストレスが!

肩こりの原因に精神的ストレスが大きくかかわっています。特に女性の自覚症状第1位になる肩こりですが、スポーツをしたり、趣味をしたりとストレス発散が大事になります。もちろん生活習慣でパソコン作業などによる目の疲れや姿勢による筋肉へのストレスも大きな原因です。こまめにストレッチをしたり、目や肩を温めてあげたりなどのケアも大事です。40℃くらいに温めたタオルを目の上にあててあげると大分疲れが取れます。何事も、溜めすぎないことが大事ですね。

セルフケアを!

毎日の疲労や筋肉へのストレスを毎日治療に来れる方は多くありません。だとしたら、少しでも悪くならないようにセルフケアが大事です。肩こりには、肩甲骨辺りのストレッチをお勧めします。こまめに筋肉を動かしてあげ血流を促し凝りにくい体にしてあげましょう!

寝る姿勢も!

寝ている時間は意外に多いもの。枕など、合わないで寝ている事で首に負担がかかり、筋肉が硬くなります。そんな事でも肩こりはおきてしまいます。姿勢!これはどんな時でも大事ですね。

セルフケア!

肩こりを軽減するのに、ストレッチ、そして温めることが有効的です。もちろん、原因になっている姿勢などを改善することは大事ですが、時々休憩しながら、肩甲骨周りのストレッチをするなど 行うことは大事です。

姿勢改善

日頃の生活の中での姿勢が、肩こりの原因になることも多いです。スマホ、パソコンんなど下向きかげんでの姿勢は、首・肩に大きく負担をかけます。意識して胸を張ったりと正しい姿勢を意識し、肩甲骨周りを動かしたり、大胸筋の付け根あたりをほぐしたりしてあげましょう。姿勢の乱れは、結果全身のバランスの乱れにもつながることもあるので、日々の意識が大切です。

肩こりの原因

肩こりは、自覚症状で男性では腰痛についで2位、女性では1位のいわば国民病ともいっていい程、みなさんがお悩みの症状です。

女性では、特にストレスによるものもおおくみられます。なので、例えばスポーツをするとか趣味をするなどストレスを溜めない工夫も必要とされています。特にスポーツは良いとされます。運動することで筋肉を動かし、筋肉に溜まっている老廃物を送り出したり、筋運動により、血液循環が良くなる為、筋肉に血液も多く運ばれます。

やはり現代の多くの原因となるのは、パソコンやスマホではないでしょうか。画面を見る事での「眼精疲労」、そして、うつむきかげんでの姿勢、これが首・肩の筋肉にストレスをかけます。頭の重さは、体重の約10%と言われています。その重い頭を筋肉たちが支えているわけですが、頭を15度前に傾けるだけで、首の後ろの支えている筋肉には通常の倍以上の重さの負荷がかかります。こうしたことで肩周りの筋肉にストレスをかけ続け、肩こりを生みます。仕事上しょうがない方は、こまめに肩周り、特に肩甲骨を意識したストレッチ、運動をしてあげる事をオススメいたします。更に、冷えも大きな原因になります。目の疲れなども、40度程度に温めたタオルをあてて数分置くなどのことで、疲れも取れ、副交感神経も刺激します。ちょとした心がけで、症状を和らげることもできます。しかし、しっかりケアするには、プロにお任せください!お待ちしております。

寒さに注意!

肩こりは日本人の自覚症状で一位二位を争うほど、身近な症状です。国によるデータですと、自覚症状男性は腰痛に次ぐ二位で、女性は一位となっています。現代社会では、生活環境的に逃げられない症状なのでしょうか。

姿勢的に、猫背やなで肩などが原因になりますが、特に猫背を作りやすいものとしては、パソコン作業やスマホなども原因の一つになります。しかも、何時間も画面を見続けるわけで、眼精疲労も首の筋肉を硬くし、結果肩までに至ってきます。

猫背や、ストレートネックなど、身体の本来の状態でない姿勢になると、バランスが崩れ、負担が生じます。頭は体重の約10%の重さがあります。頭を前に15度

傾けるだけで、首を支える筋肉には倍以上の重さの負荷がかかります。そうしたことで筋肉にずっと負荷がかかり疲労物質が溜まったり、筋肉に傷をつけてしまたりします。そして、冷えも大敵です。この時期は朝方冷え込んだりなど、寝ていても肩を冷やしやすいです。冷えは血行を悪くし、筋肉に必要な栄養素をしっかり送れなくなり、筋肉を硬くしてしまいます。

普段から冷やさないように心がけ、積極的に肩周り、特に肩甲骨を意識してストレッチなどをしましょう。そしてお辛い症状をそのままにせずIMTで、深層筋からしっかりケアをし辛い症状から解放されましょう!

肩甲骨を意識したストレッチを!

肩こりの原因としては様々ありますが、生活習慣での姿勢や、日々のストレスなどが大きく影響します。特に最近では、女性の精神的ストレスからくる肩コリご増えているそうです。なにかとストレス社会で生きていると溜まってきてしまいます。スポーツをしたり、趣味などをしたりなど発散する機会を作り、なるべくためないようにしましょう!

筋肉を鍛えることも大事です。頭の重さは、体重の約10%と言われています。その重い頭を首や肩の筋肉で支えています。パソコンやスマホなど画面を長く見続けるような時代で、どうしても首を前に傾けて作業しがちです。15度傾くだけで、首を支える筋肉に重さの倍以上の負荷がかかります。

そして冷えも!血管を収縮させ血行が悪くなり、筋肉を硬くします。

温めること、これは大事です。そして、筋肉を動かすことで血行も促進され良くなります。首・肩の筋肉は、肩甲骨が大いに関係があり、肩甲骨の動きが良くなると凝りもなくなります。しっかり肩甲骨を意識したストレッチをすることで肩周りの筋肉の血行も良くなり、温かくなってきます。

肩甲骨を近づけたり、上げ下げしたり、肩甲骨を意識して大きく肩を回したりと、仕事の合間にチョコチョコやってあげることで変わってきます。

後はしっかり治療をしてあげることです。辛い症状をそのままにせず、ぜひご相談ください!

肩こりにもストレスは関与

肩こりは、日本国民にとってポピュラーな症状です。自覚症状で男性では、腰痛に次ぐ2位、女性は1位になります。しかも、女性では最近ストレスによる肩こりが増えています。ストレスは自律神経の乱れを生みます。自律神経は、日中の活動をつかさどる交感神経と、身体の回復をつかさどる副交感神経の二つでなりたっています。この正反対の働きをする二つの神経がバランスよく働くことで、健康は保たれています。しかし、そこにストレスがかかると、自分の意志とは関係なく、自律神経のバランスがくずれて交感神経が優位になり筋肉も血管も修復し、この状態が長く続くと血行が悪くなり、肩が凝りやすくなります。

他には、パソコンやスマホなどを長く使用することでおこったり、眼精疲労なども原因になります。

頭の重さは体重の約10%と言われています。その頭を支えるだけで首・肩の筋肉に負担をかけます。しかも、前に15度傾けるだけで頭の重さの二倍以上の負担がかかります。

ストレスを溜めないようにスポーツをしたり趣味をしたり、そして、ストレッチをしっかりやって筋肉の動きを出してあげることも大事です。当然、冷えは血管を収縮させるので温めてあげたりも大事です。セルフケアも大事です。なるべく辛い状態を作らないように心がけてあげましょう!

肩こりには冷えも大敵

肩こりの症状は、男性では腰痛に次いで第2位、女性では第1位と、自覚症状で多くの方が抱えている悩みです。これは、国民の約8割近くが抱えている悩みになります。その中でも、最近はストレスによる肩こりが特に女性に増えています。ストレスは自律神経の乱れを生み自律神経は、日中の活動をつかさどる交感神経と、身体の回復をつかさどる副交感神経の二つでなりたっています。この正反対の働きをする二つの神経がバランスよく働くことで、健康は保たれています。しかし、そこにストレスがかかると、自分の意志とは関係なく、自律神経のバランスがくずれて交感神経が優位になり筋肉も血管も修復し、この状態が長く続くと血行が悪くなり、肩が凝りやすくなります。

そして急に寒くなってきたこの季節。朝晩は冷え込み肩を冷やしたりします。こうした冷えも大敵です。身体は体温を一定に保とうとする働きがあります。寒くなると、体温を逃がさないように、血管を収縮させ維持します。こうすることで、血行が悪くなり、筋肉の動きも悪くなりコリに繋がります。身体はしっかり血液が流れることが大事何です。

なので、冷やさないように心がける事と、温めてあげることも大事になります。

辛い肩こり

肩こりは多くの人が抱えている悩みです。国の調査によると、自覚症状の男性では腰痛に次ぐ、第2位、女性では第1位となるいわば国民病です。季節の変わり目、体調崩されやすい方も多いと思いますが、朝晩の冷え込みや、ストレスなどにより自律神経を刺激され、血管が収縮し血行が悪くなって筋肉の動きを悪くし硬くなることも多いです。特に、ストレスによる肩こりは女性に多くなっています。

休みの日にスポーツをしたり、趣味をしたりなどをし、ストレスを発散する事が大事になり、身体を動かす事で筋肉を収縮させ、血行も促すことも大事になります。

他には、パソコンやスマホなどを長く使用することでおこったり、眼精疲労なども原因になります。そして姿勢が悪く猫背だったり、枕が合わずに寝ていたりなども原因の一つになります。

頭の重さは体重の約10%と言われています。その頭を支えるだけで首・肩の筋肉に負担をかけます。しかも、前に15度傾けるだけで頭の重さの二倍以上の負担がかかります。こうしたことで、頭を支えている筋肉に負担をかけます。

対策としては、軽い運動などで筋肉を鍛える事、冷やさないように温めてあげる事等も大事な一つです。

しかし、長くストレスをかけ続けた筋肉は、慢性的ななっており、深層には傷が治りきらずシコリとなってる「筋硬結」が有ったりします。これは治療しないと良くなりません。IMTでしっかりとコリの原因から治療していきましょう!

肩こりの危険信号感じていませんか?

肩こりと言っても、人によってはその症状のレベルには大きな差があります。

例えば、本来なら病院に行くべきレベルの重症の肩こりを、自己ケアだけで完全に治そうとするのは無理があります。

自分で対処できそうなレベルなのか、それよりも重症なのか、ということであなたの肩こりがどれほど重症なのか、少しチェックしてみましょう。

軽度の肩こりの症状

首や肩に少し固さを感じる

肩こりを感じる頻度は(時々)という程度

冬場に重いコートを羽織ったときなど、その日の服装によって肩こりを感じることがある。

この段階なら本当に日常生活では、姿勢・歩き方の改善、ストレッチをするだけで楽になることも多いですよ。

今回は軽度の症状についてお伝えします。

続きは、また後日説明していきますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083東京都世田谷区奥沢7-20-18 エレガンス山甲1F
駐車場なし
電話番号03-5706-3835
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約制)
休診日木曜午後