MENU TEL

ぎっくり腰

ぎっくり腰は世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院で根本治療

ぎっくり腰は、慢性腰痛とは比べ物にならないくらい強い痛みがあらわれます。状態によっては、立ち上がることも、身動きを取ることもできずに、しばらくの間は寝たきりで仕事も手につかなくなってしまうこともあるでしょう。ぎっくり腰を改善するためには、安静にすることが重要では御座いますが、ただ安静にしているだけよりも世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院にて治療を受けていただいた方が素早い改善につながります。

 そもそもぎっくり腰とは??

ぎっくり腰で最も多い腰痛は、腰痛に起因しますが、下肢痛や神経根障害などのもともとの症状などもない急性の腰痛症に、

加齢にともなう腰痛の退行性変化を基盤に発症する腰痛全般で、日本ではぎっくり腰の病態は厳密には不明ですが、椎間関節に原因があるとするという2つの説があります。日々の疲れの積み重ねがこういった症状を引き起こしているのです。

人によっては安静時でも激痛が・・・

ぎっくり腰により動けなくなってしまって横になって安静にしていたとしても、寝返りも打てないほどの激痛に襲われることもあります。時間が経過すると共に徐々に痛みは落ち着いてくるものでは御座いますが、原因を取り除きませんとぎっくり腰がクセになってしまうこともあるのです。

素早く痛みを取り除くことができます

世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院でのぎっくり腰治療は、とにかくつらい痛みを素早く取り除いていく効果が御座います。痛みが出ている患部に対してではなく、周辺の筋肉の緊張を和らげたり、ズレてしまった骨格を強制することが大切なのです。患部を揉んだりしてしまうと、逆に悪化させる要因となってしまいますのでご注意ください。

ぎっくり腰がクセにならないように身体を整えます

ぎっくり腰は、一度起こすとクセになってしまいやすい症状です。世田谷区の九品仏駅や自由が丘から近いくほんぶつ駅前整骨院では、身体のバランスを正常な状態へと整えて、繰り返し痛みが起こらないように調整していきます。また、今後再発しないようにケアの方法などもアドバイスさせていただきます。

インナーマッスルセラピーは急性症状にも効果が高い治療法

くほんぶつ駅前整骨院で行っているインナーマッスルセラピーは急性症状にも対応が可能になります。深部で痙攣を起こしている筋肉に対して的確に刺激を入れることが可能であり、再発のリスクも下げることができるのが私たちくほんぶつ駅前整骨院のインナーマッスルセラピーの最大の強みになります。ぎっくり腰になられた方・なりそうな方はお問い合わせください。

かばう姿勢が改善してこそ再発になりにくい

痛みを起こすと人は無意識的にかばう姿勢をとります。それが長年同じ姿勢をとることにより、脳にそれが当たり前の姿勢とインプットされるのと、かばいをとることにより筋肉のバランスが崩れ常に伸びているところと縮んでいるところに分かれてしまい常に負担がかかっている状態です。その状態のままおよびぎっくり腰を起こしたあとの状態のままというのは、痛みがとれても体が痛みをかばう姿勢をとったままの状態にあります。それが長年過ごしてしまうとまたぎっくり腰につながり再発しやすいのはそのためといわれています。

インナーマッスルセラピーでぎっくり腰の予防もできます。

ぎっくり腰が起こるのは慢性的な症状が積み重なって起きてしまう物なのです。なので腰に何も症状を持っていない方はぎっくり腰を起こしません。その為慢性的に腰に辛い症状をお持ちの方はぎっくり腰予備軍なのです。そうならない為にもはやめのうちにインナーマッスルセラピーで慢性的な腰痛改善しませんか?

 

慢性急性タイプ

よくぎっくり腰は慢性急性タイプと言われています。症状だけで言えば急性の症状なのですが、慢性的な筋肉の負担の積み重ねの上に急性な症状が出てしまっている状態なので、その慢性的な部分をよくしない限り、再発してしまう場合があるのです。

 

繰り返しぎっくり腰が起こっている方

繰り返し症状が起こってしまっている方は、新しい傷の下に慢性的な下地のようなものできてしまっているかもしれません!!この下地を取りきることができないと何回も何回も同じのような症状が出てしまいます!!そうならないように当院では、急性な症状を取るとともに慢性的な下地もとることが可能です!!!

繰り返さないためには

ぎっくり腰は慢性急性タイプと呼ばれています。これは、慢性的な下地の上に急性の傷がついてものなのです。急性の傷は比較的早く良くなります。しかし、もとにある慢性の下地が取れてこないとまた繰り返してしまうのです。当院の治療は慢性的な下地部分にまで治療することができるので繰り返し起こることはなくなります。気になる方はぜひ当院にお越しください!!

腰痛持ちの方は赤信号

慢性的に腰痛を持っている方は、ぎっくり腰の予備軍です。なぜならばぎっくり腰は慢性急性タイプと呼ばれ、慢性的な下地の上に傷がついた状態なのです。慢性的に腰が痛い方は元より筋肉の状態が悪くなっているので傷がつきやすくなっているのです。また普段から腰に負担をかけているので小さな断裂が筋肉についている可能性があります。ぎっくり腰になったら動くのも辛くなってしまいます。そうならない前にもしっかりと治療をして腰の状態を良くしていきましょう!

寒い時はご用心

寒い日は筋肉が硬くなり血流が悪い状態なので非常に刺激の弱くなりやすいのです。慢性的な腰痛をお持ちの方は長年蓄積された傷が下地の様なものになっていて、そこに急性の傷ができやすくなります。一番はお身体を冷やさない事ですね。ホッカイロを腰に貼るのだけでもケアとしては充分だと思います。

日頃のケアが必要になります

ぎっくり腰とは慢性急性症状と呼ばれており、慢性的な下地の上に急性な症状が出てしまっている事を言います。その為、日頃からしっかりとケアをしていけばぎっくり腰になるリスクは下がってくれるのです。当院の治療でもぎっくり腰を繰り返されていた方が再発することを防ぐ事ができています!!気になりましたら是非お越しください!!

腰痛持ちの方は気を付けて

ぎっくり腰は慢性的な傷の上に急性な症状が出てしまうものなので日頃から腰に痛みのある方は危険です!!重いものを無理な態勢で持ち上げようとせずにしっかりとしゃがんでからお腹に力を入れて持ち上げてください。ぎっくり腰になると相当お辛いので本当にお気を付け下さい!!腰痛持ちの方は是非当院にお越しください!!お待ちしております!!

適度な運動が大事となってきます

ぎっくり腰は慢性的な下地の上に急性な傷ができてしまって強く炎症が起こってしまっていることを指します。この慢性的な部分というのは血液の循環が滞ってしまっているところなので、運動をすると血液の流れが良くなりますのでぎっくり腰のリスクも低くなります!

しっかり治さないとまた起こすかも・・・

ぎっくり腰を起こすとかばうようにして、姿勢をとるのでそれをしっかり治療していかないとその姿勢が癖になり、常に筋肉に負担がかかっているのでまたぎっくり腰を起こしやすくなります。痛みや動きがよくなったからといって治療は止めず、正しい姿勢の状態になるまではしっかり治療していくことをおススメいたします!

繰り返されてはないですか?

ぎっくり腰やそれに似た症状は繰り返されてはいないですか?これは完全に筋肉の損傷が治っていなく、慢性的な下地となってしまったからなのです。その為にすぐに傷がついてしまう状態になってしまっているのです。しっかりと治療を行っていけば、その慢性的な下地は取れてくれるのでご安心ください!!気になった方はぜひ当院にお越しください!!

完全に傷が回復していないと?

ぎっくり腰になった当初は痛すぎて立ち上がることが出来ないくらいです!しかし、数日たつと段々と痛みが引いてきます。これは周りの筋肉が庇ってくれている為、痛みが抑えられているだけで治ったというわけではないのです。しかし、一般的に痛みが無ければ皆さんはそれで良いと思ってしまいます。そこに傷が残っているとまた同じような状況で痛みが出てしまいます!

すぐによくなるか??

ぎっくり腰みたいな比較的新しい傷は早く良くなります。確かに期間をあまり空けずにある程度の治療時間を必要としますが、2、3回の治療で良くなってくれます。しかし、ぎっくり腰というのは今までの積み重ねで起こってしまっているので、その根本部分を良くして上げないとやはり同じ症状として繰り返されてしまうのです。その根本を治してあげるには一朝一夕では難しいです。長い年月掛けて出来てしまったものは長い年月掛けて治療をしていかなければなりません。しかし、治療をするのとしないのとでは身体が回復する時間が変わります。また、ぎっくり腰の症状を再発するのを防ぐ為にはそれが大事となってきます!ご相談だけでもお気軽にどうぞ!!

寒いこの時期は特に多いです

冬の寒い時期は、ぎっくり腰になってしまう事が多いです。やはり、寒さから筋肉の状態が悪くなってしまうのでふとした瞬間にぎっくり腰というケースが増加致します。しかし、このぎっくり腰というのは、慢性的な部分が原因で急性な怪我になってしまっているのです。逆に慢性的に腰がお辛いという方は冬の時期は要注意ですよ!!

朝が起こりやすいと言われています

寝ている姿勢というのは長時間同じ姿勢をとる・布団の圧迫を受け体が硬くなりやすい状態です。朝起き上がろうとした時や寝ている姿勢のまま目が覚めたりすると体に違和感を感じる方がいらっしゃる方が多いと思います。そのためまず寝る前には充分体を温めるようにし、起き上がる前には体を少しほぐすようにすることが大切です。

春先の寒さ、暑さが感じられやすい時には注意!!

 

春先の寒さ、暑さが混同しやすい時には体は負担が大きく掛かりやすい危険な時期になります。

みなさん体の中には、筋肉は約600個あり、さまざまにお辛い筋肉に痛みを感じられる場合も考えられます。

筋肉には、さまざまなご不快な症状を出す場合が考えられます。

不快な症状が発生したらまずは、連絡ください。

お辛くなってからでは、対処できなくなる場合が考えれます。

未然に体の負担を減らしていきましょう

要注意!季節の変わり目

季節の変わり目は「ぎっくり腰」黄色信号の時季です。
まだまだ寒い日も多くありますので、カイロを貼ったり、ゆっくりお風呂に入ったり、体を冷やさないようにしましょう。
そうするとぎっくり腰も予防することができます。

腰痛は予期せぬ出来事から

痛みがみられたときにふと感じる激痛

しかし、気づいてから判断が遅いと痛みが増していくオソロシイ怪我です。

怪我はみなさん放置してしまうと後から急激に強い痛みに変わるかもしれません。

自分自身の体についても日々気にかけて体をメンテナンスしていきましょう

当院のスタッフが皆さんの体の状態をチェックしますので、現状の体の状態を知ってみてはいかがですか?

何事も予防が大事!

腰痛は、ぎっくり腰のリスクが高いです。特に過去にぎっくり腰をやられている方は、疲れが溜まってると過去の不安がよぎると思います。

なってからでは遅い!早めのメンテナンスで予防しましょう!

くほんぶつ駅前整骨院では、インナーマッスルセラピーにて深層の原因筋にアプローチします。しっかりメンテナンスして快適な生活を送りましょう!

身体の危険信号をしっかり確認しましょう!

腰痛に限らず、人の身体は危険な状態を察知すると痛みに敏感に反応します。

その中でも、腰痛は慢性化しやすく痛みを感じにくい状態が続きやすいです。

痛みは、重い、鈍い、鋭いなど様々な感覚を感じ取ります。

危険信号は日々身体から発信されています。

みなさんは、しっかり感じ取れていますか?

早期発見、早期治療をおススメします。

何事も早めに行動することが大切です。

筋肉の状態を確認することは当院で確認できます。

まずは自分自身の状態をチェックしていきましょう。

 

気温があつくなるこの時期には要注意

気温が高くなってくるこの時期に要注意です。

特にこの時期に身体が辛くなりやすくなります。

暑くなること、身体から水分が不足していきます。

とくに、汗がかきやすい時期になると栄養不足になります。

しっかりこの時期は、まずこまめに水分を補給しましょう。

そしてしっかりと塩分をとるために塩飴食べるのも良いですね。

まずはつらくならないように予防に努めましょう。

梅雨の時季は、古傷がうずくように痛む辛い時期

だんだん、湿度や気温が高くなり始めるこの時期には、要注意です。

気温が高くなることにより、水分が不足しやすく、体内の血液が不足しやすい時期になります。

また、湿度が高くなることにより、自律神経のコントロールが上手くできなくなることにより体の不調を感じやすくなる

ケースが増えてきます。

自分自身では気をつけても季節的な影響は防ぎきれません。

予防するためにもまずは、食事・運動・睡眠からコントロールしていかないといけません。

時間がない、忙しい方などまずは一度筋肉治療をうけてみてはいかがでしょうか?

暑くなるこの時期は、要注意

暑さも本格的になり、寝苦しい毎日が続きますね。

この時期は、身体の辛さが蓄積されやすい状況になりやすいです。

体の不調は、蓄積されやすいですがなかなか解消されにくいです。

特に筋肉のケアを怠ってしまうと体の回復バランスが悪くなります。

まずは、一度お身体のチェックをしてみてはいかがでしょうか?

ぎっくり腰が、頻発に発生

最近、毎日猛暑となり身体に大きく負担がかかっている日が続きますね。

体の調子を崩しがちの方が最近増えてきています。

この気温変化ではしょうがないと思う方も多くいるのではないかと思います。

しかし、身体には大きな負担となり後に病気やケガのきっかけになるケースも多くあります。

まずは、自分自身の体のメンテナンスから始めてみましょう。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083東京都世田谷区奥沢7-20-18 エレガンス山甲1F
駐車場なし
電話番号03-5706-3835
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約制)
休診日木曜